2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.07.09 (Tue)

週刊少年ジャンプ2013年32号 銀魂感想:第四百五十二訓 同窓会は遅れてくると入りづらい

劇場版公開されました。
空知先生本当にありがとうございます!


【More・・・】

第四百五十二訓 同窓会は遅れてくると入りづらい

先に書いちゃいますけど、こういうボケっぱなしの回ってすごく面白いけどすごく感想書きづらい!

料亭にやってきた銀さん。
今宵のお酒の相手はもう来ているようですが…。

ふすまを開けた先にいたのはヅラと坂本。
「攘夷志士同窓会」だそうです。
…料亭もこんな会合の予約受けたらいかんよ…。
銀さん、ふすまをぴしゃり。
気持ちはよく分かる。
このメンバーなら銀さんがすべてのボケを拾わざるをえないし。

去ろうとする銀さんを必死に引き止める銀さん。
OP、EDで見てるので、銀さんは特になつかしさを感じません。

今回集まったのはほかでもありません。
ヅラ曰く、そろそろ過去篇に突入する時期ではないかと。
編集者か!
過去篇はたしかにテコ入れになるけど、あからさまな過去篇はむしろ死亡フラグっぽくて怖いです。
「今でしょ!」は不発。
坂本…。

銀さんが嫌がっても、過去篇には入らざるをえない様子。
実は今回の同窓会、開いたのはヅラでも坂本でもありません。
かつての銀さんの仲間。
銀さん、ヅラ、高杉、坂本の、通称キセキの世代(…)を支えた幻の5人目(ファイブマン)。
その間も、「黒子野太助」。
サインが某大人気マンガのロゴにそっくりですが気にしない。

黒子野さんもこの同窓会に来ますが、幻の5人目でアシスタントに徹していたため顔も思い出せません。
でもそれでは同窓会で気まずい。
ということで、過去篇に突入すれば、彼がどんな活躍をしたかを思い出す。
…というのがヅラの意見です。
なんとも銀魂らしい…。

ヅラの回想。
ヅラ…バスケやってたんだ…。
ロン毛はバスケより大切なんだね…。
ポカリをくれたのは、熱中症的な観点から見るとナイスアシスト。

坂本は、紙のないトイレでポカリでゆすいだ思い出。
…黒子野さん出てきてないよ!

そして戦場での思い出。
よく攘夷戦争の回想で出てくる「美しく生きようじゃねーか」のあの場面。
あの印象的なシーンも、ヅラにかかると山奥でたっかいポカリを買うか買わないか、銀さんがヤクルトをおごってくれたかくれないかというシーンに。
ヅラは美しい思い出クラッシャーだな。
そして高杉まで!
高杉がボケに…回ったわけじゃないけど、こういうのにかすったのってはじめてくらいじゃ?
ヤクルトおごってくれるとか…親切…。
その気持ちをいつまでも持っていたら、あんなふうにはならなかったかもしれないね…。

お金を返す返さないでギャーギャーやってるうちに、もうひとりのメンバーが来たようです。
黒子野…どんな人なんだ…。
果たして見えるんだろうか…。

そして、こんなしょうもない話から本当に過去篇になったらどうしよう。
銀魂ではそういうこと、よくあるからなぁ…。

00:06  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/1787-9184bcab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |