2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.11 (Mon)

週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号 銀魂感想:第五百五訓 悪党とおまわり

沖田、頑張ってます。


【More・・・】

第五百五訓 悪党とおまわり

姫様を護って孤軍奮闘する沖田。
さすがにこの惨状は姫様には刺激が強すぎるみたいですが…。

沖田の前にチンピラシータが舞い降りてきました。
シータっていうか、傘で舞い降りようとするところはメリー・ポピンズっぽい。

高杉たちの目的は、将軍そのものではなく将軍の手足を根こそぎ引っこ抜くこと。
そのほうが将ちゃんへのダメージはでかいかも…。

神威は沖田とやる気まんまん。
「地球のおまわりなめんな」とはなかなか…というかめちゃめちゃカッコイイです。
沖田がここまでボロボロになって戦うのってめずらしいような…。
柳生家で足折られたりはしてましたけど。
こういうのアニメで見たいんだよなぁ。
死体の手で惑わすなんてところはできないかもしれないけど。

G嫌が助けにきて、沖田が始末されそうになったところで割り込んできたのは全蔵。
将ちゃんの首を持って。
あああああやっぱりほんとなのかああああ…。

戦闘シーンメインだと感想が短くなっちゃいますが、動きがかっこ良くて何度も読み返しました。
沖田のこういう戦い貴重だし!
この戦いがどこに着地するのか全然わからないまま1週あくのがつらいです…。

23:58  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/1957-db6fe343

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。