2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.08 (Mon)

週刊少年ジャンプ2014年41号 銀魂感想:第五百八訓 忍の魂

あーバレたー!


【More・・・】

第五百八訓 忍の魂

伊賀に春雨の艦隊が迫る。
将軍がいてもいなくても伊賀を潰しにやってくる、それが高杉。
銀さんが高杉を語ってるのがなんだかグッときますね。
息の根止める覚悟なのか…。

阿伏兎さん、神威を置いて伊賀まで来ました。
神威感づいてるけど、戦力ダウンしても面倒事は避けたい阿伏兎さんの気持ちもよくわかる。
なんか阿伏兎さんと、ここ何週かのワンピースのローが重なる。
振り回され感が。
沖田はなんとか姫様助けて生きてるかな…。
生きてないと困るぞ。

高杉の読みでは全蔵は一橋に天下を取らせるために将軍暗殺したということのようですが…。
全蔵は高杉の艦に煙幕を仕込んでいました。
「忍の国へようこそ」の全蔵がめちゃめちゃカッコイイ。
高杉も余裕だけど…。
この人の焦り顔が見たいわ。

逃げずに自分も戦おうとする将ちゃん。
部下ではなく大切な友人だからと。
そういう人だから全蔵もあそこまでしたんだな。

そうこしているうちに、阿伏兎さんに見つかってしまいました。
疑ってたもんなー。
夜兎いっぱいいるし、大丈夫かこれ…。

巻末コメント。
これは…きつい…。
ちょっと気持ち悪くなった…。

23:35  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/1967-657a4958

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。