2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.01.26 (Mon)

週刊少年ジャンプ2015年09号 銀魂感想:第五百二十六訓 鬼が哭いた日

もう…つらいって…ほんと…。


【More・・・】

第五百二十六訓 鬼が哭いた日

ページをめくったとたんに衝撃的な絵が。
近藤さん…ほんとに…?
夢…だよね…?

土方さんは小銭形の親分のところで働いていました。
ハジ久しぶり!
2人が土方さんに理解があるのが救いかな…。

解体された真選組。
他の真選組の人たちはみんな組織の末端に配属されているようです。
変に無職にして徒党を組ませないためかな。
小銭形の親分、まだ銀さんと仲良くしてたんだ。

自分が捕まるのをわかっていた近藤さんはわざと対したちを国葬の警備に出していた。
そして、銀さんだけ呼んで思いを託した。
その意味を考えろという信女さん。
この信女さんのセリフは、見廻組というより朧寄りのセリフに聞こえる。

屯所に戻ってきた土方さんたちに謝る銀さん。
戻ってくる途中にすれ違った近藤さんの表情が…。

それぞれが真選組としてやれることをやれという近藤さんの言葉。
隊士たちが近藤さんを死なせたくないように、近藤さんも隊士たちを死なせたくないはず。
副長も法度もなくなっても、それぞれの魂を縛るものがあるならそいつを信じて戦え、か。
土方さんの表情が、さっきの近藤さんの表情とそっくりじゃん…。

毎週毎週読むのがつらすぎます。
とりあえず、近藤さんはまだ生きてるって信じてる。
あれは土方さんの夢!
真選組隊士たちが組織の末端で我慢して働いてるのは、近藤さんをいつか取り返すため。
…とでも思わないと読んでいられないよ…。
もし来週本当に亡くなってるってわかったら、私のかわいそうな妄想だと思って笑ってください…。

22:29  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>毎週毎週読むのがつらすぎます。
>とりあえず、近藤さんはまだ生きてるって信じてる。

ほんと、同意です。
ここ最近の銀魂は収束に向かってる、とか言われてますが、みんな生きててまた日常に戻る。というのを期待してます><
コタム |  2015年01月28日(水) 13:11 |  URL |  【コメント編集】

>コタムさま
収束に向かうにしても、みんな揃って楽しく終わってほしいです…。
悲しいままで終わるのは嫌ですね…。
もちろん楽しくて終わらないのが一番ですが…。
紅碧 |  2015年01月28日(水) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/2027-a7eb8815

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |