2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.27 (Mon)

週刊少年ジャンプ2015年22・23合併号 銀魂感想:第五百三十九訓 届かなかったメール

佐々木さんの過去がかわいそうすぎて…。


【More・・・】

第五百三十九訓 届かなかったメール

ボロボロの門の上でドーナツを食べる幼いのぶたす。
そこにいた子どもたちは皆奈落に育てられた暗殺者。
今回、一橋親子の暗殺をすることになっています。
子どもに殺しをやらせるのはちょっとひっかかる佐々木さん。
もうすぐ親になるからなのか…。

土方さんと佐々木さんの激しい戦い。
こんな必死な顔の佐々木さんはじめてかも。

朧が語る佐々木さんの真意。
出世して定々公の勢力を排除していたのは新政権のためでも己の地位を護るためでもない。
ほかの理由がありました。

暗殺計画を知らずに護衛の任務につく真選組。
近藤さんは希望に燃えてるなぁ。

ボールを転がしてきた子どもに「恐いおじさん」の話を聞き、近くを探らせる近藤さん。
その隙に子どもが駕籠に近づきます。
胸から何かを取り出しながら近づく子ども。
あわてて制止しようとしますが時は遅く、駕籠の中の人物にエロ本を渡されてしまいます。
駕籠の中にいたのは松平のとっつあん。
届け主は佐々木さんでした。
そして本当に襲ってきた攘夷志士。
佐々木さんが情報を流したおかげで、真選組はこの窮地をくぐり抜ければ助かりそうです。

真選組も、奈落の子どもたちも救おうとした佐々木さん。
しかし、誰も佐々木さんを救ってはくれませんでした。
襲われた奥さん。
お子さんもダメだったんだろうな…。
子どものために考えていた名前は「信女」。
奥さんたちを襲ったのは奈落なんだろうけど、のぶたすだけなぜ残っているのか…。
それにしてもほんとうにかわいそう。
高杉と組んでたのもうなずける闇というか。

このあとのぶたすが奈落を抜けて見廻組に入るのかな。
なんか佐々木さんに救いがほしいわ…。
かわいそうすぎて…。

23:03  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/2066-49153ea8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。