2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.27 (Mon)

週刊少年ジャンプ2015年35号 銀魂感想:第五百五十一訓 さらば真選組 後篇

しばしのお別れです。


【More・・・】

第五百五十一訓 さらば真選組 後篇

土方さんに、江戸から離れることを提案するヅラ。
喜々様は執念深くヅラや真選組を探している。
この国を想うなら、まずは生き残ることを考えなければいけないと。
こういうふうにちゃんと考えられるヅラは百戦錬磨の攘夷志士だなぁ。

近藤さん、土方さん、沖田はそれぞれお別れに。
土方さんと銀さんは、いつもの定食屋で。
銀傘は、江戸に残ります。
真選組も、見廻組もいなくなった江戸だからこそ残ると。

神楽ちゃんのところに行ったのは沖田。
…すいません、こんなふうにときめいてる場合じゃないのは重々承知してるんですが、神楽ちゃんのところに来てくれてありがとう沖田!

もう誰も死なせないと言う沖田を、川に突き落とす神楽ちゃん。
なんか、しんみりしてる沖田に喝入れてくれてる感じでとってもいいな。
江戸を出る前に、神楽ちゃんと沖田、どっちが強いのか決定戦です。

近藤さんはもちろん志村家に。
近藤さんがいればどこにいてもそこが真選組。
なので胸を張って笑顔で行けというお妙さん。
帰ってくれば新八もお茶を出して歓迎してくれるそうだし。

銀さんには貸しがあるという土方さん。
しかし、銀さんはもう返してもらったと言います。
近藤さんと松陽先生を重ねてたんだね…。

宇治銀時丼と土方スペシャルを交換して食べる2人。
なかなか…つらそう。

神楽ちゃんも沖田も、自分たちがまだまだだと。
「もう 誰にも負けんな」っていいですね。
少年マンガしてる。

お互いのどんぶりはやっぱりまずかったようで。
…いい笑顔だ。

近藤さんは、笑顔で敬礼してさよなら。
ちゃんと戻ってきてね!

真選組、それからたぶんヅラも江戸を離れてしまいました。
来週からどうなるのかな…。
ギャグには戻らないだろうし…。

巻末コメント。
よく2時間も待ったと思います、空知先生。
でもご飯ものは最後に出す店だったのかも。

22:04  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/2104-b2176a64

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。