2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.04 (Fri)

銀魂 66巻

サブタイトル:天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる

第五百九十訓~第五百九十八訓


【More・・・】

表紙は松陽先生の弟子たち。
ちゃんと一番弟子もいますね。
ほろりときます。

ジャンプ掲載時の感想は下からどうぞ。

第五百九十訓  一番弟子
第五百九十一訓 血と魂
第五百九十二訓 グチ
第五百九十三訓 二人の虚
第五百九十四訓 解放
第五百九十五訓 希望
第五百九十六訓 天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる 前編
第五百九十七訓 天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる 後編
第五百九十八訓 誰もが股にターミナル

カバー折り返しでは先に連載の終わった作品について。
ほんと、続けざまに来ましたね。
今終わりそうな作品では、銀魂よりトリコのが先に終わるかな…。

今回はいきなり質問コーナー。

Q.19巻に載っている大西さんとのインタビューでこれからの銀魂についての構想を話していましたがどれくらいイメージ通りにいきましたか?
A.結構真面目に消化していたんですね。
そういえばそんなのあったなぁ。
当時の高層とはちょっと違ってきたもののあるようですが、描きたいものはだいたい描けているんだなぁ。

Q.以前星海坊主が神威に手を切られたのは夜兎の古いしきたりの親殺しと言っていましたが、65巻ではそれらしい描写はありませんでした。なぜですか?
A.星海坊主は湿っぽい話を細かく人に話すタイプではないので息子と自分の粗相を古い風習になぞらえて「親殺し」と言い捨てたんです。
星海坊主ってそういうところありそう。

Q.勇者ヨシヒコで一番好きなキャラは誰ですか?
A.僕は福田監督作品は佐藤二朗さんを見るために見ています。
二朗さんはいいですね。
Twitterすごく面白いし。

Q.おそ松さんのことをどう思いますか?
A.人の成功に拍手を送れるほどの器は持ち合わせていませんので「藤田失敗しろ」「コケろ」と常に思っているしこれからも願い続けます。
また空知先生がツンデレってる…。

Q.虚とアルタナが難解です。説明をお願いします。
A.アルタナは星そのもののエネルギーです。これを浴びて変異を起こし、不老不死となった虚は人格をいくつも作り、別人格たちは復讐のため人間を殺戮し、それを止めようとした松陽先生という人格も悲しい運命をたどることになります。それを見続けていた本来の虚はすべての人格と松陽を殺し、終わらない苦しみを終わらせるため地球そのものを終わらせようと戦乱を巻き起こしたわけです。
アルタナってFF7のライフストリームっぽいですね。
虚が魔晄の影響受けた的な。


Q.天導衆と解放軍の関係を教えてください。
A.天導衆はある店を管理し、独占している協会で、そのメンバーである虚があちこちの星を破壊しまくっているので、真相を知らない被害者たちはそれを天導衆の不始末と考え、天導衆の本拠地である地球に攻め込んできたというわけです。
このへん次の巻に入ると思うんですが、なんかもう説得不可能な感じになってますよね。
どうするのかなぁ。

Q.今アシスタントさんは何人いますか?
A.9人いてそのうち6人に来てもらっています。性格を歪ませることに定評のある楽しい職場です。
目に見えて性格が悪くなるってどんだけなんだ…。

今回は質問コーナー多かったですね。
67巻は12月31日発売…って、大晦日にマンガ出るのか…。

23:27  |  銀魂単行本感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/2299-10f81029

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。