2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.04.10 (Mon)

週刊少年ジャンプ2017年19号銀魂感想:第六百三十訓 武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり

通信が回復しましたが…。


【More・・・】

第六百三十訓 武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり

喜々公のつなげた無線の相手はそよ姫でした。
そよ姫の声を聞いてなにも言うことができず、坂本に無線を手渡す喜々公。
なんだかすっかり人間らしくなったなぁ。

脱獄した坂本たちは、紫雀提督を味方につけ、エリザベス…じゃなくてドラゴニア皇子とバカ…じゃなくてハタ皇子と共に、解放軍本部の母艦、天鳥船の制圧を目指します。
紫雀提督についてくる兵士は多そうですね。

しかし、巨大兵器「火之迦具土神」は既に発射準備に入ってしまいました。
6時間後に地球は消滅。
まだ地球に残った解放軍ごと。

味方ごと地球を消すことに反対した兵士たちは撃ち殺されてしまいました。
もう圓翔皇子は止まりそうにありませんね天。

悔いなく戦おうとしている宇宙の坂本、ヅラ。
一方地球の銀さんは、悔いを残しまくっていました。
いい加減にお酒の飲み方を覚えよう。

坂本の落とした無線を拾ったのは喜々公。
国のために踏み台に、国を護るため散っていた者の残した者を護るため散る資格はあると。
めっちゃ死ぬ気じゃん…。
生きて帰ってきてほしいんだけど…。

喜々公がこんな真っ白に生まれ変わるなんて、将軍暗殺篇が終わった頃は思いもしなかったな。
みんな生きて帰ってくるんだぞ!

23:58  |  ジャンプ銀魂感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princek.blog47.fc2.com/tb.php/2364-5a97560d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |